先輩の声

伊藤菜摘
  • 東北
  • 伊藤菜摘さん
  • 保育士
  • 盛岡大学
  • 2018年卒

「会社全体で高め合っていこう」という熱意に共感!

合同説明会でWITHグループを知り、見学ツアーと会社説明会に参加しました。「会社全体で高め合っていこう」という高い熱意を感じ、自分もこの会社で切磋琢磨しながら子どもたちと一緒に成長していきたいと強く思いました。現在は0歳児クラスの担任をしています。保育はもちろん保育日誌や連絡帳、週案や月案などの書類の他に、園全体のさまざまな行事の計画や運営も並行して行っています。0歳児はなかなか自分で思うように動くことができないのですが、保育園での生活を通してできることが増えてくると自分事のようにうれしくなります!

【応援メッセージ】

保育士を目指す学生さんへ。入社当時は「できなかったらどうしよう…」と不安でいっぱいでした。でも「やらない」と「できない」は違うと思うので、できないことでも「まずはやってみよう」と前向きな気持ちで取り組んできました。保育士という職業に限ったことではありませんが、「今日は○○ができるようになった!」と小さなことでも達成感を感じることができるとやりがいのある仕事になっていくと思います!

新沼知歩
  • 東北
  • 新沼知歩さん
  • 保育士
  • 盛岡医療福祉専門学校
  • 2019年卒

子どもも職員も笑顔でいっぱいの保育園

現在は、0歳児を担任しています。毎日子どもたちと一緒にいる中で、お話が上手になったり、ハイハイだった子が歩けるようになったりとたくさんの成長を近くで感じ、一緒に喜びながら過ごしています。私の園は子どもも職員も笑顔が多く、1人1人に寄り添いながら温かい雰囲気の中で保育を行っています。悩んだ時には相談できる園長先生や先輩の先生たち、心強い同期の存在にも救われながら日々やりがいを感じています。

I.M
  • 東北
  • I.Mさん
  • 保育士
  • 尚絧学院大学
  • 2020年卒

残業が無いので、時間になったら帰れるのがとても良いです

基本的に残業が無いので、時間になったら帰れるのがとても良いです。有給は、もちろん病欠の時にも使えますが、事前に相談して使う事ができます。休日は1日家で休んで、もう1日は好きな事をして過ごしています。都内ではありませんが、住んでいるところが東京に近いので、気軽に遊びに行けます。現在はコロナがあるので、気軽に行くことができませんが、落ち着いてきたら、気軽に行くことも可能なんだろうなと楽しみにしています。

S・H
  • 東北
  • S・Hさん
  • 保育士
  • 聖園学園短期大学
  • 2021年卒

楽しく働けそうな環境に魅力を感じて、入社を決めました!

仙台で8月に行われた合同就職説明会に参加し、そこでWITHグループの説明を聞きました。福利厚生が整っている点や楽しく働けそうな環境に魅力を感じ、園見学ツアーに参加しました。実際に見てみて、園の雰囲気の良さや先生方の楽しそうな姿に就職を決めました。内定をもらった後もWITHの様々な園に見学に行き、相談にのってもらいながら自分に合った園を決めることが出来ました。今は先輩の先生方からのアドバイスをもらいながら、日々の保育を頑張っています。保育に関することやプライベートなことまで、話しやすい雰囲気があってとても良い園だと感じています!

小林麗華
  • 東北
  • 小林麗華さん
  • 保育士
  • 仙台青葉学院短期大学
  • 2018年卒

笑顔で楽しそうに保育している姿に惹かれ「ここで働きたい!」

大学での説明会のあと2日間のインターンシップに参加し、そのまま面接を受けました。インターンシップの際に先生方が笑顔で楽しそうに保育している姿と丁寧な保育に惹かれ「ここで働きたい!」「こんな先生になりたい!」と思ったからです。入社するまでの期間は、ピアノの練習やペープサート作りに励みました。自分の作ったペープサートで子どもたちが喜んでくれるのを見ると、やる気にもつながります。子どもたちが頼りたいと思えるような先生を目指して今後も頑張っていきたいです。

R.O
  • 東北
  • R.Oさん
  • 保育士
  • 仙台白百合女子大学
  • 2019年卒

子どもたちが安心して過ごせる環境を作るために

私が仕事をする上で心がけていることは、子どもたちがどれだけ親では、ない人と安心して過ごす事が出来る環境を保育園が、整えて行けるか?と言うことです。入社して2年乳児クラスの担任をさせて頂いています。乳児期は【人間形成と生活習慣の基礎】を学んで行く時期であります。そこで、家よりも長く時間を関わっていく保育士が、どれだけ愛情を持って丁寧に関わる事で、子ども達は「助舟を出せば、人(保育士・子どもが関わる大人)は助けてくれるんだ」と、理解してこの人なら、安心して甘えられる。。と思う様になります。私はその様な、存在になれるように努力しています。また、乳児期は大人からの愛情から安心出来ると判断すると、日々の生活の中で【良し・悪し】の枠組みをしっかり決めて、保育園・家庭との区別を付けながらも、家庭に近い存在に保育園がなります。私も子どもが、そう感じれれるように、心掛けて仕事をしています。 これからは、子どもだけではなく、保護者も安心して家庭での悩み等を相談して貰える存在になれるように、頑張っています。

TOP