先輩の声

岩舘美咲
  • 関東
  • 岩舘美咲さん
  • 栄養士
  • 華学園栄養専門学校
  • 2018年卒

食育に割く時間が多いこと、園児とのかかわりが多いのが魅力

現在の仕事内容は、調理業務と発注などの事務仕事です。特に力を入れているのは食育で毎月旬の野菜を使用したメニューや、盛り付けにこだわったおやつ作りなど、さまざまなことに取り組んでいます。毎日の献立本部が作るので、余裕が出た分で食育に力を入れることができ、それがやりがいに繋がっています。また、栄養士が子どもと関わる機会が多いのも、この園の魅力だと思います。子どもたちとたくさんお話をすることで、元気をもらっています。

C.S
  • 東北
  • C.Sさん
  • 保育士
  • 東北文教大学短期大学
  • 2020年卒

WITHの書類は簡潔で分かりやすい!

私は園見学のバスツアーやインターンシップを通して会社の福利厚生や園の雰囲気に魅力を感じ入社しました。1年目で不安もありましたが、先輩たちの姿を真似しながら、時には相談に乗っていただき毎日元気に子どもたちと過ごしています。私は日誌などの書くことが苦手ですが、WITHでは簡潔に分かりやすく書くことを重視しているので時間をかけすぎずに日誌や週案などを書き終えることができます。見学やインターンシップ時には、ぜひ園の日誌や週案を見てみてください。また、同僚とは休みの日でも映画や買い物に行ったりするほど仲が良く、仕事の話はもちろんプライベートの話などもしながら良い関係性を築くことができています。同僚も私もひとり暮らしをしているので、お互い助け合いながら仕事もプライベートも充実した生活を送っています。

中里貴子
  • 東北
  • 中里貴子さん
  • 保育士
  • 盛岡大学
  • 2020年卒

休日と仕事の日のメリハリがあることで毎日充実

私は現在、1歳児クラスの担任をしています。主な仕事内容は子どもの生活を見守る中で、オムツ替えをしたり、食事介助・日誌や連絡帳の記入などをしています。また、子どもたちと一緒に遊んだり、週に一度ある英語のレッスンに子どもと一緒に参加しています。一年目なのでまだまだ分からないこともたくさんあり、探り探りの状態で保育をしていますが、親切な先輩方のおかげで毎日楽しく仕事をすることができています。

休日は自分のやりたいことが存分にできており、友人と出掛けたり、ショッピングをしてリフレッシュしています。休日と仕事の日のメリハリがあることで毎日充実した日々を送ることができています。

S・T
  • 関東
  • S・Tさん
  • 保育士
  • 千葉明徳短期大学
  • 2021年卒

休日の過ごし方

1日ゴロゴロして映画やYoutubeで終わる日もありますが、友達と遊んだりショッピングをしたり、映画を見に行ったりとその日の気分でゆっくり過ごしています。最近はSwitchでゲームをしていると1日があっという間に過ぎてしまうので、何か一つやりたいことを決めて実行できる様に行動し、休みが充実したと感じられるように心掛けています。

 

【園配属までにしておくと良いこと】

保育園ではちょっとした待ち時間や空いた時間ができることがあるので、その時に子どもたちの興味を惹ける何かを作っておくと時間が空いてしまったときに役立つと思います!

武田 実里
  • 北海道
  • 武田 実里さん
  • 保育士
  • 名寄市立大学
  • 2021年卒

WITHには地方から上京した先生がたくさんいるので安心ですよ

私は上京イベントに参加し、WITHグループを知りました。そしてインターンシップを通して園の雰囲気を知り、現場で働く保育士さんのお話も聞き、とても魅力を感じました。また地方から上京した先生も多くいることや宿舎借り上げ制度があることも大きな決め手となり、WITHへの入社を決めました。
働き始めは不安もありましたが、先輩からアドバイスをもらい自分なりに試行錯誤しながら日々の保育と向き合っています。私の働いている園は小規模園なので、毎日一人ひとりの子どもと深く関わり成長を感じることができています。仕事だけでなく、WITHは完全週休二日制なのでプライベートも充実しています。プライベートな時間がしっかりありリフレッシュできることが、より良い保育にも繋がるのだと思います。

太田瑞萌
  • 関東
  • 太田瑞萌さん
  • 保育士
  • 聖徳大学
  • 2017年卒

社会人として自己管理と言葉遣いに気を付けています

社会人として心掛けていることが2つあります。1つ目は、自己管理です。手洗い・うがいはもちろん、冬場には乾燥対策をしています。おかげで体調不良の欠勤もなく、子どもたちにも手洗い・うがい・水分補給等の声掛けができるようになりました。2つ目は言葉遣いです。子どもたちに正しい言葉を覚えてもらうためです。保育中、誤った使い方をしないように普段から気をつけて話すようにしています。

【園配属までにやっておいたほうがいいこと】

手遊びのレパートリーをできるだけたくさん増やすことです。レパートリーが多いと活動前や絵本の読み聞かせの導入に使えるので、その後の活動や絵本の内容につなげていくことができまる。また、子どもたちも手遊びを通して物や言葉を楽しんで覚えることができます。

TOP