先輩の声

О・Y
  • 中部
  • О・Yさん
  • 保育士
  • 新潟こども医療専門学校
  • 2021年卒

入社当初は不安でしたが、今は楽しく保育しています

入社当初は少し不安や心配がありましたが、優しい先輩方に相談したりお話を聞きたりして、今では楽しく保育をしています。今後の目標は、様々なことを先輩保育士の方から学び、それをどんどん保育に活かしていくことです。

 

【園配属までにしておくとおすすめです!】

子どもたちは歌を歌うことやリトミックで音楽に合わせて体を動かすことが好きなので、ピアノの練習をしておくと園に配属されたときに強みとして活躍できると思います。さらに沢山の遊びを知っていることで、子どもたちとの関わりがより深められると思います!

桶谷大海
  • 関東
  • 桶谷大海さん
  • 保育士
  • 大宮こども専門学校
  • 2016年卒

バスツアーで「僕たちの大好きな保育園の先生になってください!」

WITHグループに入社を決めたきっかけはバスツアーに参加したことでした。実際に訪れた複数の園では、子どもたちが楽しそうに遊んでいて、何より先生たちがとても明るく元気に過ごしているのが印象的でした。その後、子どもたちの歌を聞き、最後に「僕たちの大好きな保育園の先生になってください!」と言われたことは、いまでも鮮明に覚えています。そのあとすぐに面談をさせていただき入社にいたりました。現在はあのとき見た先生方のように毎日「明るく・楽しく・元気よく」働いています。

宮嵜真衣
  • 関東
  • 宮嵜真衣さん
  • 保育士
  • 千葉明徳短期大学
  • 2020年卒

短大の友達と悩みを共有して一緒に成長しています

私は1歳児クラスを担当しています。仕事をするうえで心がけていることは、その日1日のスケジュールを確認し、何時にどう動くのかなど、保育士同士で確認し連携がとれるよう細かく情報共有を行うことです。1年目で行事の流れや動きなど分からないことがあるので、先輩の動きをよく見て、分からないことがあったらすぐに聞くようにしています。有給休暇やオフの過ごし方は、連休があれば旅行に行ったり、短大の友達と遊びに行き、お互いの仕事状況についての悩み事などを話し、解決したりしています。園によってどう対応しているのかなども違うので、意見を交換してやった事のないことに挑戦してみようと前向きな気持ちになれます。

宮川 萌
  • 関東
  • 宮川 萌さん
  • 保育士
  • 総合学園ヒューマンアカデミー
  • 2021年卒

保育園での仕事について

1日のスケジュールは、7時半から受け入れを開始して9時頃までに子どもたちが登園します。9時15分頃におやつを食べ朝の会をします。朝の会が終わったらトイレやおむつ替えをし散歩の支度。水曜日は朝おやつの後、ネイティブの先生が来て英語の時間があります。10時頃に散歩に行き、10時45分頃に園に戻り手洗いをして給食の時間まで少し遊びます。散歩に行かないときは室内で月の製作や知育、ダンスやバランスストーンなどを使って体を動かしています。夏には水遊びをします。11時20分頃に給食を食べ始め12時頃になると食べ終わった子から着替えをし午睡に移ります。子どもたちが午睡をしている間に連絡帳を書いたり順番に休憩を取ります。15時に起きてトイレやおむつ替えが終わった子から手を洗いみんなでおやつを食べます。食べ終わったら帰りの会をしておままごとやダンスなど楽しみながらお迎えを待ちます。朝・帰りの会のピアノと掃除は当番制で行っています。手遊びなどをたくさん覚えておくと、おやつを先に食べ終わってしまった時などちょっとした時間に役立つと思います。

W・K
  • 四国
  • W・Kさん
  • 保育士
  • 徳島文理大学短期大学部
  • 2021年卒

気になったことはすぐにLINEで相談でき、安心しました

私がWITHグループを知ったきっかけは大学内に置いてあった就職情報資料でした。様々な園に関する情報が一つのファイルにまとめられており、1つ1つ確認して悩んだ結果、福利厚生や社員の研修が充実しているWITHグループに興味を持ち、会社説明会に参加しました。説明会では園の雰囲気や特徴、また就職する際に関して疑問に思っていることなどを丁寧に教えてくださり、説明会が終わった後も疑問に思ったことはLINEですぐに相談することができるように体制を整えているなど、1人1人のことを考えた丁寧な対応に惹かれ、「ここで働きたいな」と強く思いました。

【学生さんへのメッセージ】

就職活動時は情報がたくさん入り混乱してしまうかもしれませんが、自分の中での譲れない条件などを決め、なるべく多くの企業を比較してみたり説明会などでの担当の方の話し方や対応などにも注目してみると良いかもしれません。

村石悠良
  • 関東
  • 村石悠良さん
  • 保育士
  • 東京成徳短期大学
  • 2018年卒

保育士として必要なスキルを怠ることなく、そこに男性としての強みを出していけたら

【仕事をする上で心がけていること】

子ども自身が自分達で考える力を養っていけるような関わり方を意識しています。新卒から幼児組の担任をしているので、こちらから手を加えすぎず自分達でどうしたらよいのかを考え、解決したり、向上していけるよう見守っています。

 

【仕事で生かしている自分の強み】

男性の保育士は数が少なく、とても貴重な存在だと思います。なので、力仕事を率先して行ったり、外では全力で走ったりと男としての強みをとてもすごいことだと感じています。さらに、自分はサッカーを長くやってきたのでグループ園でのあすなろ杯というサッカー大会に向けて自分の経験が生きていると実感しました。保育士として必要なスキルを怠ることなく、そこに男性としての強みを出していけたらいいと思います。

TOP