先輩の声

小笠原 真優
  • 関東
  • 小笠原 真優さん
  • 保育士
  • 実践女子大学
  • 2021年卒

保育士の仕事内容について

現在は0歳児クラスの担任をしています。3日に1回その日のリーダーを任せてもらえるようになりました。リーダーの日はクラス全体へや他の先生へ適切な指示だしを学んでいます。その他の日は給食や活動の準備、子どもたちが安心して過ごせる様に動いています。クラスの仕事だけではなく、行事等の仕事も並行して行っています。

 

仕事での一番の思い出

運動会です。今年度担任しているクラスは感染症対策の面から参加はできませんでしたが、幼児クラスの裏方として運動会に参加しました。出来る事が限られている中、子どもたちがいかに運動会を楽しめるか?本番で力を発揮出来るか?先生たちの子どもへの思いを練習から感じ、私自身も運動会を成功させ子どもたちの輝く顔が見たいと強く思うようになりました。演目全て頭に入れ行動するのは大変でしたが、やりがいを感じました。運動会当日の子どもたちの笑顔の素晴らしさは、今でも鮮明に覚えています!

吉田 花恋
  • 関東
  • 吉田 花恋さん
  • 栄養士
  • 東京栄養食糧専門学校
  • 2021年卒

保育園の栄養士について

保育園の栄養士として働いていて一番やりがいを感じるのは「食育」だと思います。直接子どもたちと関わる機会が少ないので、食について知ってもらったり、クッキングをしたりすると給食に興味を持ってくれるようになってとても嬉しいです。

【就活のアドバイス】
自己分析は友達に長所・短所を聞いて短所の改善まで考えておくのがベストです。色々な人に聞けば自分でも気付かない自分がみえてくるので、視野が広がって良いと思います。また働く前に学校の実習などで作業効率をあげる練習をしておくと実際に働いた時に役立つと思います。

【プライベートについて】
私は社会人になると同時に独り暮らしを始めましたが、完全週休二日制なので家事もできて遊びに行くこともできるので休日を満喫しています。特に栄養士は終わる時間が早いので、そこから遊びに行くこともできるし、睡眠もたっぷりとることが出来ます。

吉本愛美
  • 関東
  • 吉本愛美さん
  • 保育士
  • 帝京科学大学
  • 2018年卒

さまざまな研修で自分が成長できる園だと思います

就活中はさまざまな保育園の説明会に参加し、見学もたくさんしました。WITHグループもその一つで、まず説明会に参加して興味が湧いたので、2つの園でインターンをさせてもらいました。実際の園生活を経験し、自分の合う場所だなと感じたので、面接→内定となりました。さまざまな研修で自分が成長できること、1日の保育の流れなどが自分に合っていることが決め手でした。

【普段の仕事について】

現在は1歳児クラス18名の担任をしています。入社したての頃は保育園のやり方を先輩から学びつつ、クラスの担任として子どもたちを保育。慣れてきてリーダーをするようになったら自分で1日の活動を考え、週案を立案するように。また、就業時間内に応急手当てやアレルギー対応など、会社の研修に参加することもあります。自分の行事の担当では行事立案書を作成し、他の保育者と連携を取りながら当日まで練習を重ねていきます。クラスのこと、園のこと、さまざまなことに取り組むので忙しくも充実した毎日です。

田島祥二
  • 関東
  • 田島祥二さん
  • 保育士
  • 帝京平成大学
  • 2018年卒

9人の子どもを6人で保育。じっくり向き合えます

0歳児9人のクラスを6人の保育士で見ています。保育以外の仕事で大事なのは、保護者にその日の様子を伝えることです。あとで読み返しても分かるように連絡帳を書くことも大切です。その他、月の制作を考えたり、週案や行事立案を立てることも仕事の一つです。わたしのクラスは担任が多いので書類仕事の負担は少なめで、一つ一つの仕事をじっくりと練って行うことができています。

【働きやすさについて】

出勤時間は一週間固定のシフト制で休みの日の計画も立てやすく、急に出勤時間が早くなったり遅くなったりすることがないのが魅力です。

菱沼 里菜
  • 関東
  • 菱沼 里菜さん
  • 保育士
  • 聖徳大学短期大学部
  • 2021年卒

学生時代に学んだことが仕事にも役立っています

私がWITHで働こうと思ったきっかけは、大学生時代に実習でお世話になり、その時の園の雰囲気や行事、会社全体で行われている食育に興味を持ったことがきっかけです。実習後に会社説明会や園見学に参加し、その後面接を受けました。私は小学生から高校生までバスケットボール部に所属していました。約8年間続けた中で学んだことは多くあり、続けることの大切さや、仲間との信頼関係、自分の行動の責任などを学びました。今後、保育士として働いていく上で学生時代に学んだ事などを活かし、先輩方のように保護者や子どもと信頼関係を築けるような保育士になりたいです。

木村 美希
  • 関東
  • 木村 美希さん
  • 保育士
  • 東京家政大学
  • 2021年卒

毎日子どもたちの成長を感じています

私は0歳児クラスの担任をしています。分からないことや覚えることがとても多く、入社してしばらくは余裕のない毎日だったように思いますが、周りの先輩保育士さんや園長先生、同期たちに支えられて、日々楽しく過ごしています。0歳児の成長は本当にあっという間で、昨日できなかったことが今日できるようになっていたりと、毎日がとても喜びであふれています。子どもたちの「できた!」「やった!」を同じ目線に立って喜び合うことを心がけ、子どもたちにとって保育園という場所が安心して過ごせるところになれば良いなと思っています。

TOP