先輩の声

石森 晴夏
  • 関東
  • 石森 晴夏さん
  • 保育士
  • 聖徳大学
  • 2021年卒

園見学やインターンシップの際に丁寧に対応して頂いたことが印象に残っていました

私がWITHに決めた理由は、現場にいる方々の人の良さに惹かれたからです。私は選考に至るまでが遅く、12月下旬にWEB選考を受けました。WITHに決める前、やりたいことがたくさんあり進路に迷っていたのですが、WITHの園見学やインターンシップに参加した際とても良く接してくれたことを思い出し、私も一員になれたらなと思いWITHに決めました。

【現在の仕事内容】

現在私は0歳児クラスの担任をしています。0歳児クラスの1日は、朝の会の後おやつを食べてお散歩に行き、帰園後給食、その後着替えをし大体12時~15時まで午睡をします。その後は午後おやつを食べお迎えまで一緒に遊びます。子どもに合わせて午前寝を取り入れたりもしています。

【配属までにしておくといい事】

もし配属まで時間があれば、手遊びや幼児曲を知っていると良いと思います。特に手遊びは保育の現場では毎日取り入れているので必須のスキルです。乳児向け・幼児向けの手遊びを何個も知っていると今後に役立つのでおすすめですよ。頑張ってください!

小渕 正代
  • 関東
  • 小渕 正代さん
  • 保育士
  • 創価大学
  • 2021年卒

自分で保育士資格を取得し、就職活動の幅を広げたところで自分に合った園を見つけることが出来ました!

私は当初、幼稚園教諭になりたいと思って大学に入学しました。しかし幼保小一貫の流れもあり、在学中に自力で保育士試験を受け、保育士資格を取りました。そうしたことで就職活動の幅も広がり、本当に自分に合った園を探すことができました。今の園にインターンシップに行った際に、多くの先生方が声をかけて下さったり、よくコミュニケーションをとって保育をしている姿を見て「この園で働きたい」と思いました。そして現在、私は2歳児の担任をしています。毎日関わり続ける中で、少しずつできることが増える子ども達の成長を感じることができ、とても楽しいです。些細なことでも疑問に思った時には、親身になって聞いてくださる先輩もいます。大変な時はもちろんありますが、子ども達の笑顔のために、努力していきます!

田島祥二
  • 関東
  • 田島祥二さん
  • 保育士
  • 帝京平成大学
  • 2018年卒

9人の子どもを6人で保育。じっくり向き合えます

0歳児9人のクラスを6人の保育士で見ています。保育以外の仕事で大事なのは、保護者にその日の様子を伝えることです。あとで読み返しても分かるように連絡帳を書くことも大切です。その他、月の制作を考えたり、週案や行事立案を立てることも仕事の一つです。わたしのクラスは担任が多いので書類仕事の負担は少なめで、一つ一つの仕事をじっくりと練って行うことができています。

【働きやすさについて】

出勤時間は一週間固定のシフト制で休みの日の計画も立てやすく、急に出勤時間が早くなったり遅くなったりすることがないのが魅力です。

高橋俊治
  • 関東
  • 高橋俊治さん
  • 保育士
  • 日本工学院八王子専門学校
  • 2014年卒

「自分らしい保育とは?」「男性ならではの関わり方とは?」を常に考えています

説明会・見学会に参加し、そこでの子ども達の楽しそうな姿やアットホームな保育園の雰囲気に惹かれてWITHグループを選びました。もう一つ、WITHは男性保育士が多いのも魅力でした。内定後は実習や保育ボランティアに参加したのですが、座学ではわからないことが実際に関わることで理解できていい経験になりました。現在は4歳児の担任をしていますが、日々子ども達の成長に驚く毎日。始めは男性保育士が1人だけで不安ばかりでしたが、先輩から「女性保育士の真似ではなく、自分らしい保育をすればいい」とアドバイスをもらい「自分らしい保育とは?男性ならではの関わり方とは?」と考えながら主体的に保育ができるようになりました。

【応援メッセージ】

これから保育士を目指す皆さんには、とにかく学生のうちでしかできないことをたくさんして(遊んで)、その中で感じたこと、体験したことを保育の現場で生かしてほしいと思います。自分らしい保育を見つけて、何より自分が楽しむ保育士になってください。

深澤 萌香
  • 関東
  • 深澤 萌香さん
  • 保育士
  • 有明教育芸術短期大学
  • 2021年卒

近くで子供の成長で見守れる仕事に幸せを感じます

私が配属になった園は、子どもが少人数なのでクラス活動はほぼ3クラス一緒に散策に出たり、室内遊びをして過ごしています。そのため、週案をたてるときや製作活動を行う際は先輩の先生と話し合いながら決めるので、分からないことや悩み事があったらすぐ相談することができています。私が就職してから一番気をつけていることは、調べて分からなかったことは何でもすぐ先輩や園長先生に質問することです。行事の進め方や製作の仕方など、1年目だとスムーズに進めるのは難しいと思います。まず、過去の立案書やネットなどで自分で調べて、最後に先輩などに確認してもらうと自分も安心して活動できると感じました。不安なことも多いですが、季節の行事を行ったり子どもの成長をこんなに間近で見れる仕事につけて毎日幸せだなと感じます。

木村 美希
  • 関東
  • 木村 美希さん
  • 保育士
  • 東京家政大学
  • 2021年卒

毎日子どもたちの成長を感じています

私は0歳児クラスの担任をしています。分からないことや覚えることがとても多く、入社してしばらくは余裕のない毎日だったように思いますが、周りの先輩保育士さんや園長先生、同期たちに支えられて、日々楽しく過ごしています。0歳児の成長は本当にあっという間で、昨日できなかったことが今日できるようになっていたりと、毎日がとても喜びであふれています。子どもたちの「できた!」「やった!」を同じ目線に立って喜び合うことを心がけ、子どもたちにとって保育園という場所が安心して過ごせるところになれば良いなと思っています。

TOP