先輩の声

加藤千湖
  • 東北
  • 加藤千湖さん
  • 保育士
  • 仙台青葉学院短期大学
  • 2019年卒

自分が将来楽しんで仕事ができる環境なのかが大事

私が仕事をするうえで心がけていることは、子ども一人ひとりとの時間を大切にすることです。人数もいるためなかなかまとまった時間を作ることはできませんが、少しの時間でもじっくりと関わり子どもとの信頼関係を築けるようにしています。2歳児と3歳児の担任をしていますが、日々子どもたちの成長を感じる場面があり、一人で衣服の着脱や朝のお仕度をできるようになっているのを見ると、近くで成長を見ることができやりがいを感じます。残業も少なく仕事終わりに映画を観に行ったり買い物を楽しんだりする時間も十分にあります。有給休暇も取りやすく、友達と旅行に行ったりコンサートに行ったりもできます。

就活では、自分が将来楽しんで仕事ができる環境なのかを知るために園見学やインターンに実際に行って自分に合う保育園を見つけることが大事だと思います。両親としっかりと話し合い自分が納得できる就職先を見つけてほしいです!

鈴木 沙彩
  • 関東
  • 鈴木 沙彩さん
  • 保育士
  • 聖徳大学
  • 2021年卒

先輩の尊敬する部分を自分の力にできるように日々努力しています

入社して一年目、私はクラス担任を持たないフリー保育士として働いています。フリー保育士は、乳児クラス・幼児クラスと日によって入るクラスが違います。担任の先生によって保育の進め方や子どもへの関わり方が異なるので、様々なクラスに入れるという利点を活かして、先輩の先生方の尊敬する部分を自分の力にして伸ばしていけるように日々努力しています。分からない事や困った事がある時には、そのままにせず先輩に自分から聞きに行く姿勢や、積極的に動いたり自分で仕事を見つけに行くことが1年目は特に大切だと思っているので、そうなれるように心掛けて働いています。また就業後は、好きなアーティストのライブDVDを見たり、自炊をしようと決めた日には何を作るかネットで調べて料理を頑張っています。

小金井遼平
  • 関東
  • 小金井遼平さん
  • 保育士
  • 東京未来大学
  • 2016年卒

何かあるとみんなが声をかけてくれ、助け合い共に喜んでくれる!

園の雰囲気はとても明るく、みんな仲が良いので笑いが絶えません。辛いことがあればいろいろな人が声をかけてくれ、助け合い共に喜んでくれます。やりがいはたくさんあるのですが、子どもたちの成長や笑顔は何物にも代えがたいですね。プライベートもかなり充実していると思います。わたしは仕事が終わったあと、よくディズニーランドに行っています(基本的に残業がないからこそできることですよね)。有休も取りやすいです。男性保育士もグループ全体としてたくさんいるので(わたしの園では4名)、男性も働きやすい職場だと思います。

【学生時代にやっておいたほうがいいこと】

これから保育士を目指す学生さんには、学生の間に多くの経験をしてくほしいと思います。「こんなの役に立つの?」と思うことも、思わぬ形で自分の武器になります。無駄なことは一つもないので、いろいろなことに挑戦してください。皆さんに会えることを楽しみにしています。

渡部 沙耶香
  • 中部
  • 渡部 沙耶香さん
  • 保育士
  • 新潟こども医療専門学校
  • 2021年卒

日々、子どもたちの成長を発見して嬉しくなります

私は一歳児クラスの8名を2人で受け持っています。毎日子どもたちがみんなで安全に楽しく遊べるような活動を考えています。最近嬉しく思えたことは、子どもたちの成長です。4月に出来なかったことが、日々の繰り返しの中で月日が経っていくうちに着替えの意欲が出たり、スプーンを持って食事が出来るようになっていったり、沢山の言葉が出てきたりと大きくなっていく姿を見て、「成長したんだな!」と実感しています。また人間関係に関しては、現在一緒に組んでいる先生は同じ学校の先輩で、予定が合えば一緒に食事やお出かけをすることもあります!毎日楽しく働くことが出来ています。

 

【福利厚生でディズニーリゾートの割引チケットをもらえました】

WITHでは、数多くの福利厚生があります。その中で私は東京ディズニーリゾートの割引チケット2枚をもらえたことが特に嬉しかったです。平日に土曜保育の振替休日をいただいて、友達とディズニーに数回程行くことができ、とっても楽しい休日を過ごすことが出来ています!

草野 桃香
  • 東北
  • 草野 桃香さん
  • 栄養士
  • 郡山女子大学短期大学部
  • 2021年卒

保育園の栄養士の仕事について

私の園は保育室と給食室が近いため、調理中でも子どもの声が聞こえて楽しく調理をすることができます。入社当初は一人で調理や書類作成を行うことに不安を感じていましたが、わからないことは地区の栄養士リーダーに聞いて解決し、調理も手順を覚え繰り返していくうちに慣れて時間内に余裕をもって作れるようになりました。週に3回パートさんが一緒に勤務してくれるので、悩み事や喫食状況が悪かったおかずなどの改善策を二人で話し合っています。また業務終了後は保育室で子どもと遊び楽しく過ごしています。
終業後は同期の保育士とお買い物をしたり夕食を一緒に食べたりなど充実しています。栄養士の仕事は大変ですが、子どもたちがたくさん食べておかわりをしてくれたり褒めてくれるだけでとても頑張れるので、子どもが好きな方はとてもやりがいをもって働けると思います!

石井晴季
  • 関東
  • 石井晴季さん
  • 保育士
  • 田園調布学園大学
  • 2019年卒

常に1対1で教えてもらいながら臨むことが出来ました

入社して1年目は1歳児クラスの担任をし、現在2年目はフリー職員として各クラスの補助として日々働いています。1年目は先輩の先生と組ませていただき、子どもの関わり方や食事介助の仕方、連絡帳や書類の書き方、保護者対応等、1つ1つ丁寧に教えていただきました。もちろん不安ごともありましたが、常に1対1で教えてもらいながら臨むことが出来るので、楽しく保育をすることが出来ました。今年はフリー職員となり、今まで自分のクラスで精いっぱいになっていた保育が、各クラスに入ることで毎日学びの日々となっています。日々成長する子どもの場面を必ずしも見ていないので、この子にはこういった対応や関わり方があるということを担任の先生に教えてもらいながら保育をしています。フリー職員になると色んなクラスに入り様々な個性を持つ子どもと関わることができたり、かつクラスの製作物を見てヒントを得て担任持ったらこういうのやりたいと感じたりします。今はフリー職員の優越感に浸っているところです。どのクラスも個性があって素敵なクラスだと思います。

【応援メッセージ】

1日インターンシップなどで色んな年齢の子ども達と関わってみてください!挑戦してみたい!などでも全然アリだと思います。就職活動頑張ってください、待ってます!!

TOP