先輩の声

金井実佳子
  • 関東
  • 金井実佳子さん
  • 保育士
  • 実践女子大学
  • 2017年卒

園選びは、実際に出向き、自分の目で確かめることが大切

たくさんのセミナーや園見学、インターンに行きました。しみじみ思うのは、話を聞くだけでは分からないことが多いので「実際に園に出向き、自分の目で確かめることが大切」だということです。働いてみると、どの先生方も優しくベテランの先生も多いのでとても勉強になりますし、公私をしっかり分けている先生が多く、働きやすいです。

【人間関係やチームワークについて】

わたしは絵や歌はあまり得意ではありません。大学から始めたピアノにも苦手意識があり、働き始めたばかりのときは保育士としてやっていけるかどうか不安ばかりでした。しかし苦手な人がいれば得意な人もいます。そこを職員同士でカバーし合えるのがWITHグループ良いところだと思います。自分に合う園を見つけ、子どもたちと楽しい思い出をたくさん作ってください!

太田瑞萌
  • 関東
  • 太田瑞萌さん
  • 保育士
  • 聖徳大学
  • 2017年卒

社会人として自己管理と言葉遣いに気を付けています

社会人として心掛けていることが2つあります。1つ目は、自己管理です。手洗い・うがいはもちろん、冬場には乾燥対策をしています。おかげで体調不良の欠勤もなく、子どもたちにも手洗い・うがい・水分補給等の声掛けができるようになりました。2つ目は言葉遣いです。子どもたちに正しい言葉を覚えてもらうためです。保育中、誤った使い方をしないように普段から気をつけて話すようにしています。

【園配属までにやっておいたほうがいいこと】

手遊びのレパートリーをできるだけたくさん増やすことです。レパートリーが多いと活動前や絵本の読み聞かせの導入に使えるので、その後の活動や絵本の内容につなげていくことができまる。また、子どもたちも手遊びを通して物や言葉を楽しんで覚えることができます。

松田三穂
  • 中国
  • 松田三穂さん
  • 保育士
  • 比治山大学
  • 2018年卒

先生方の温かい雰囲気に惹かれ、志望を決めました

大学での説明会を通してWITHグループのことを知りました。バスツアーに参加し、先生方のあたたかい雰囲気に惹かれ、志望を決めました。 仕事ではうまくいかないこともありますが、周りの先輩方や同期に支えられ頑張っています。運動会や発表会など行事に一生懸命取り組む姿など、子どもたちの頑張りに日々感動できる、とてもやりがいのある仕事だと思います。

【園配属までにやっておいたほうがいいこと】

手遊びのレパートリーをできるだけたくさん増やすことです。レパートリーが多いと活動前や絵本の読み聞かせの導入に使えるので、その後の活動や絵本の内容につなげていくことができまる。また、子どもたちも手遊びを通して物や言葉を楽しんで覚えることができます。

佐藤美緒
  • 東北
  • 佐藤美緒さん
  • 保育士
  • 聖園学園短期大学
  • 2018年卒

とても小さい園だけど職員みんなで支え合っているのが素敵!

1・2歳児クラスの担任をしています。仕事をするうえで心掛けているのは「子どもたち一人ひとりと同じ目線に立って物事を考え、じっくりと関わる」こと。そして「自分自身も楽しんで保育をする」こと。会社の雰囲気は、とてもあたたかく働きやすい環境を整えてくれていると感じます。先輩はみんな優しく、毎日笑いが絶えない園です。とても小さい園ですが、職員みんなで支え合っているのも素敵なところです。今後は先輩たちのように子どもからも保護者からも、そして他の職員からも信頼され頼られるような保育士になることを目標に日々頑張っていきたいと思います。

【園配属までにやっておいたほうがいいこと】

手遊びのレパートリーをできるだけたくさん増やすことです。レパートリーが多いと活動前や絵本の読み聞かせの導入に使えるので、その後の活動や絵本の内容につなげていくことができまる。また、子どもたちも手遊びを通して物や言葉を楽しんで覚えることができます。

佐藤瑠夏
  • 東北
  • 佐藤瑠夏さん
  • 保育士
  • 聖園学園短期大学
  • 2018年卒

笑顔いっぱい!元気いっぱい!の優しい先輩ばかりで不安が消えた

現在、勤めているうぃず東日暮里保育園は笑顔いっぱい!元気いっぱい!の優しい先輩ばかり。相談にも丁寧に答えてくれるので、入社前に感じていた不安は何だったんだろう?というかんじです(笑)。2歳児の担任になってまだ2カ月ですが、子どもたちができなかったことができるようになったり、うまく話せなかった言葉が話せるようになったりと日々成長を感じられることにやりがいを感じています。

【仕事はすぐに覚えられるようになる?】

入社後すぐは先輩の手伝いや読み聞かせなどをしながら一日の流れを覚えていきました。1カ月ほど経つと朝の会やおやつのときに、リーダーとして保育を回せるようになりました。一人ひとりに合わせ、次の段階に進ませてくれるので負担を感じることはありませんでした。

本間智也
  • 関東
  • 本間智也さん
  • 保育士
  • 帝京科学大学
  • 2016年卒

子どもの「できなかったことができた!」が自分のことのようにうれしい

2歳児うさぎ組を担当しています。2歳児は身支度もまだままならないのですが、その一方で何でも自分でやりたがり屋さんです。どこまで子どもたちを援助するかを考え、できたときはたくさん褒めてあげることで、子どものやる気や自信が芽生えるよう心掛けています。子どもたちの「できなかったことができた!」は、保育をする僕自身にとってもうれしいことでもあります。子どもごとにペースが異なり、難しいなと思うこともありますが、それも一つのやりがいだと感じています。

【仕事はすぐに覚えられるようになる?】

入社後すぐは先輩の手伝いや読み聞かせなどをしながら一日の流れを覚えていきました。1カ月ほど経つと朝の会やおやつのときに、リーダーとして保育を回せるようになりました。一人ひとりに合わせ、次の段階に進ませてくれるので負担を感じることはありませんでした。

TOP