お知らせ

I.Y
  • 関東
  • I.Yさん
  • 保育士
  • 東京成徳大学
  • 2019年卒

WITHに入社を決めるまで

夏休みに都内で行われた保育園の合同説明会に参加し、そこでWITHグループの説明を聞き、見学やインターンシップに行きました。園の雰囲気が良く、楽しそうに働いているのを見て決めました。また、様々な形態の保育園があり、色々なところにあるため、近場で自分に合った保育園を探せると思い、就職を決めました。面接では1対1で行い、決めた理由や学生時代頑張ったこと、バイト経験など聞かれました。緊張しましたが、優しい雰囲気でリラックスして行うことができました。

K.Y
  • 関東
  • K.Yさん
  • 保育士
  • 埼玉学園大学
  • 2020年卒

園の自慢

私の園は保育士同士の仲が良く、先輩・後輩関係なくコミュニケーションが多いです。自分が保育で悩んでいるときも先輩保育士から「大丈夫?」と声を掛けてくださって精神面や仕事面でいつも助けてくださいます。また私には同期が2人もいて、支え合いながら仕事をしています。毎日楽しく保育をすることができているし、早く一人前の保育士になりたいという気持ちにさせてくれる園です。

 

【学生時代にしておくといいこと】

手遊びのレパートリーを増やしておくといいと思います。子どもたちの前で話をするときや目線を自分に向けたいとき、いろんな場面で手遊びは役に立ちます。一緒になって歌ってくれたり、可愛く真似をしてくれるのでオススメです。

大金沙咲
  • 関東
  • 大金沙咲さん
  • 保育士
  • 國學院大学短期大学
  • 2020年卒

学生時代にやっておいた方がいい事

子どもたちの前で行うペープサート、手遊び、エプロンシアターなど少しの空いた時間でも作って用意しておくとよいと思います。見慣れてくることもあるため種類はたくさんあったほうが良いと思います。働き始めてからも作る時間はありますが、実習などで作った物は取っておくと助かりますよ。また、働いてからは、より言葉遣いに気を付け、笑顔で働くことを意識してみてください。笑っているだけで子どもたちが安心し楽しく園生活を送ることが出来ます。大変なこともあると思いますが。応援しています。

大西愛美
  • 関東
  • 大西愛美さん
  • 保育士
  • 洗足こども短期大学
  • 2020年卒

学生時代学んだミュージカルで子どもたちにも表現する楽しさを伝えたい

私が学生時代に一番力を入れて取り組んだ事は、大学の特色でもあるミュージカルの授業です。2年次の選択授業として履修する事ができ、「Joyfull Joifull」という「天使にラブソングを2」の映画をアレンジしたミュージカルでした。短期大学の隣には洗足音楽大学があり、ミュージカルの授業では音楽大学の台詞、ダンス、歌唱の専門の講師の先生が教えてくださいました。ミュージカルの授業だけでなく、短期大学のピアノやダンス、演技の授業等も音楽大学の先生から教わりました。プロの先生から教わり、表現力の大切さや表現する事の楽しさを学びました。そして、実践として、保育園では運動会や発表会のダンス、毎月の歌等で活かしていきたいです。又、中には表現する事が恥ずかしかったり、苦手だったりする子どももいると思います。表現する事の楽しさを教え、子ども達の表現力も高めていきたいと考えています。

宮嵜真衣
  • 関東
  • 宮嵜真衣さん
  • 保育士
  • 千葉明徳短期大学
  • 2020年卒

短大の友達と悩みを共有して一緒に成長しています

私は1歳児クラスを担当しています。仕事をするうえで心がけていることは、その日1日のスケジュールを確認し、何時にどう動くのかなど、保育士同士で確認し連携がとれるよう細かく情報共有を行うことです。1年目で行事の流れや動きなど分からないことがあるので、先輩の動きをよく見て、分からないことがあったらすぐに聞くようにしています。有給休暇やオフの過ごし方は、連休があれば旅行に行ったり、短大の友達と遊びに行き、お互いの仕事状況についての悩み事などを話し、解決したりしています。園によってどう対応しているのかなども違うので、意見を交換してやった事のないことに挑戦してみようと前向きな気持ちになれます。

作本純菜
  • 関東
  • 作本純菜さん
  • 保育士
  • 日本児童教育専門学校
  • 2020年卒

子どもたちに教えてもらう事がたくさん

私は、今5歳児の担任を担当しています。5歳児は書き方やワーク等の勉強からサッカープロジェクトやダンス等運動面での活動もたくさんあり、毎日があっという間です。私は1年目なので保育も慣れない中、教育の面でも重要になってくる5歳はとても大変です。教えるはずが、子ども達に教えてもらう事の方が多いように思えます。最初は自分にはできない、向いてないと思い、やめようと思ったこともありました。しかし、園長先生や先輩が話を聞いて下さり、もう少し頑張ってみようかなと思うことが出来ました。自分はピアノが苦手なため学生時代逃げてきました。しかし、現場では逃げることが出来ません。なので学生の頃から最低限はピアノに慣れていくことが大切だと思います。また、朝の会、帰りの会の歌は必ず弾けるようにしておくとスムーズに現場に入れると思います。一度しかない学生生活なので時間を有効に使って頑張って下さい!

TOP