先輩の声

村石悠良
  • 関東
  • 村石悠良さん
  • 保育士
  • 東京成徳短期大学
  • 2018年卒

保育士として必要なスキルを怠ることなく、そこに男性としての強みを出していけたら

【仕事をする上で心がけていること】

子ども自身が自分達で考える力を養っていけるような関わり方を意識しています。新卒から幼児組の担任をしているので、こちらから手を加えすぎず自分達でどうしたらよいのかを考え、解決したり、向上していけるよう見守っています。

 

【仕事で生かしている自分の強み】

男性の保育士は数が少なく、とても貴重な存在だと思います。なので、力仕事を率先して行ったり、外では全力で走ったりと男としての強みをとてもすごいことだと感じています。さらに、自分はサッカーを長くやってきたのでグループ園でのあすなろ杯というサッカー大会に向けて自分の経験が生きていると実感しました。保育士として必要なスキルを怠ることなく、そこに男性としての強みを出していけたらいいと思います。

Y.A.
  • 関東
  • Y.A.さん
  • 保育士
  • 田園調布学園大学
  • 2020年卒

わたしがWITHを選んだ理由

私がWITHを選んだ理由は、園見学のときの雰囲気と、説明会で話を聞いてみて自分のプライベートの時間も充実させることができると感じたからです。WITHのいくつかの園を見学しましたが、どの園も先生たちが明るく楽しそうに保育をしている姿を見て、働きやすさ・人間関係の良さに魅力を感じました。実際に残業時間も少なく、土曜出勤分の振り替え休日を確実に取得できる点にも満足しています。終業後の時間や土日祝日の休みの日には、しっかりとプライベートを楽しむことができているので、WITHに入ってよかったと感じています。

大西愛美
  • 関東
  • 大西愛美さん
  • 保育士
  • 洗足こども短期大学
  • 2020年卒

学生時代学んだミュージカルで子どもたちにも表現する楽しさを伝えたい

私が学生時代に一番力を入れて取り組んだ事は、大学の特色でもあるミュージカルの授業です。2年次の選択授業として履修する事ができ、「Joyfull Joifull」という「天使にラブソングを2」の映画をアレンジしたミュージカルでした。短期大学の隣には洗足音楽大学があり、ミュージカルの授業では音楽大学の台詞、ダンス、歌唱の専門の講師の先生が教えてくださいました。ミュージカルの授業だけでなく、短期大学のピアノやダンス、演技の授業等も音楽大学の先生から教わりました。プロの先生から教わり、表現力の大切さや表現する事の楽しさを学びました。そして、実践として、保育園では運動会や発表会のダンス、毎月の歌等で活かしていきたいです。又、中には表現する事が恥ずかしかったり、苦手だったりする子どももいると思います。表現する事の楽しさを教え、子ども達の表現力も高めていきたいと考えています。

S・K
  • 関東
  • S・Kさん
  • 保育士
  • 日本女子大学
  • 2021年卒

いろいろな園を見学して、自分に合う園を探してみて下さいね

【仕事内容】
小規模園で、5年目の先輩と2・3・5才の合同クラスの担任をしています。2歳はリトミック、3・5歳は英語活動があります。また、避難訓練や誕生会など毎月ある活動は、先生全員で分担し、毎日ローテーションをしてやっています。

【就活時代にやって良かったこと】
保育園の合同説明会やインターンシップに積極的に参加し、様々な規模の園を体験したことです。もともとなんとなくで小規模を希望していましたが、改めて中~大規模の園にも足を運び、比較したことで自分の中で小規模を希望する理由が明確になりました。

【園配属までにしておくこと良いこと】
手遊びは子どもを惹きつけたい時や時間調節をしたい時など様々な場面で役立つので、いくつかぱっと出てくるようにしておくといいと思います。園では「はじまるよ」「ミックスジュース」「とんとんとんとんアンパンマン」などをよくやっています。

【仕事の思い出】
ハロウィンの行事リーダーをやったことです。反省点や改善点は多く上がりましたが、1年目からリーダーとして衣装やゲームの内容、1日の流れなどを企画する貴重な体験ができました。当日の衣装やゲーム、ハロウィンの雰囲気を子どもたちが楽しんでいる姿を見て、準備を頑張って良かったなととても嬉しく達成感がありました。

【終業後の過ごし方】
料理をしたりゲームをしたりしてゆっくり過ごしています。基本的に定時で退勤できて、早番の日は16:30で終業のため、仕事終わりにそのまま美容院に行ったりすることもあります。

【仕事における必須アイテム】
大学生の時には知らなかったのですが、書き物をしていて間違えてしまった時には印鑑を使います。その時に訂正印(小さいサイズの印鑑)があると役立ちます。

【福利厚生について】
WITH独自の家賃補助制度を利用し、毎月8.2万円の補助を受けています。そのおかげで、一人暮らしをしていますが毎月安定して5~10万円程貯金もできています。

鈴木凌
  • 関東
  • 鈴木凌さん
  • 保育士
  • 横浜保育福祉専門学校
  • 2018年卒

インターンに参加した中で一番楽しそうに保育をしていた

わたしが保育士として仕事をするうえで大切にしたいのは「人間関係」です。まずは保育者同士が仲良くできなくては楽しく仕事はできませんよね? そう思って就活を始めたときにWITHグループを知り、モットーの「仲良く・楽しく・元気良く」に強く共感し、インターシップに参加することに。いくつかの会社のインターンに参加しましたが、WITHグループが一番楽しそうに保育をしていて、インターン後すぐに面接をする事を決めました。

【就職活動のコツは?】

会社のモットーや理念が自分に合うと思ったらどんどんインターンに参加しましょう! 実際に働きはじめると、たくさんの保育の引き出しを持っておくことが大切だと実感します。園配属までに子どもの年齢に応じた発達をしっかり理解しておくと、現場で必ず役に立つと思います。

K・T
  • 関東
  • K・Tさん
  • 保育士
  • 大原こども専門学校
  • 2021年卒

園配属までにやっておくといい事

1つ目は、ピアノで弾ける曲を増やしておくことです。朝と帰り、食事前の歌は毎日使用するので、覚えておくととても役に立ちます。また、月の歌として1カ月に2~3曲季節の歌を歌います。簡単な楽譜でもいいので、練習しておくと後々楽になると思います。2つ目は、導入や誕生日会のお楽しみで使えるペープサートや仕掛けがあるエプロン・手袋などを用意しておくことです。先輩方が使用していて子どもたちが食い入るように見ていたので、私も真似たいと思いました。3つ目は、子どもにかける言葉のレパートリーを頭に入れておくことです。私は保育園でのアルバイトやインターンシップの経験が少なかったので、状況ごとに子どもたちにどんな言葉をかけたらいいのか分からず戸惑いました。悩む度にインターネットで調べたり先輩に相談したりしますが、あらかじめ知っておくと現場ですぐ使えると思います。

TOP